面接では正直に伝えよう

ブランク期間を堂々と伝える

面接官は採用するために面接を行い、採用するために質問をしています。決して否定的な意味合いで質問をしているわけではないのだという点を理解した上で面接に臨みましょう。ブランク期間について聞かれると、マイナスに思われているのではないかと気になってしまう人もいますが、あくまでも何があったのかを確認するために質問をしているに過ぎません。 大切なのは、ブランク期間に何をしていたのか、今の自分がその期間をどう捉えているのかをありのままに伝えることです。自分自身がマイナスに捉えていると、面接官にもそれが伝わってしまいます。まずは自分自身がプラスに捉えて、ブランク期間にどのような経験を積んできたのかを堂々と伝えましょう。

正直に伝える

プラスに捉えて堂々と伝えるとは言っても、大仰に飾り立てたり嘘偽りを述べては逆効果になってしまいます。面接官は、回答に違和感があればさらに突っ込んだ質問をしてくるので、そこで詰まってどうしようもなくなってしまいます。どのような経緯でブランクが発生したのか、ブランク期間はどのようなことをしていたのかなど、下手に取り繕わずありのままを正直に答えることが大切です。 たとえブランク期間についての質問にうまく答えられなかったからといって、うまく答えられなかったという理由で不採用になることはまずあり得ません。焦らず正直に、自分には何が出来るのか、自分の長所を自分の言葉で精一杯アピールしましょう。ブランク期間の経験も仕事に活かせるというアピールができるとなお良いでしょう。

理由の説明

過労で体調を崩したり、何か病気を患ったりしてブランク期間が発生した人は、面接時には必ず現在は問題なく元気に働けることをアピールしましょう。面接官は採用するために不安要素を払拭しておきたいと考えて聞いていますので、現在は回復しているということを元気よく伝えて安心してもらいましょう。 同様に、家庭の事情でブランク期間が発生した人も、現在は就業に際して問題ないことをしっかり伝えましょう。介護離職などのケースの場合、「現在このような状況なので就業に問題ありません。」という細かな点まで説明します。介護保険サービスを利用することにしたためなど、なぜ問題ないのかという理由を提示することで、面接官も納得することができます。病気でも家庭の事情でも、どちらも現在就業に問題ないということを納得してもらうことが大切です。

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP