面接では正直に伝えよう

ブランク期間を堂々と伝える

面接官はあくまでも採用するために面接を行い、採用するために質問をしているという点を理解して面接に臨みましょう。そのためブランク期間を質問された場合には、悪いところを引き出すためではなく採用するために何をしていたのかを知りたいという意味合いがあります。ブランク期間を説明する際にはマイナスポイントを喋っているような気になってしまう人もいますが、あくまでも何があったのかを確認するための質問です。
大切なことはそのブランク期間に何をしていて、今の自分がそのブランク期間をどう考えているのか、どう受け止めているのかを伝えることです。このブランク期間を自分自身が否定的に捉えてしまっては面接官にも伝わってしまいますので、堂々と何をしていてどのような経験を得たのかを伝えましょう。

正直に伝える

ブランク期間を否定的に捉えないという説明をしましたが、どうしても否定的に捉えてしまうと偽って答えてしまいたくなります。しかし面接官も違和感があればそこに突っ込んだ質問をしますので、突っ込んだ質問をされた時にどうしようもなくなってしまいます。下手に取り繕うのではなく正直に答えることが大切です。
面接において一つの質問にうまく答えられなかったからという理由で不採用になるということはまずありませんので、うまく答えられないことはうまく答えられなくて構いません。自分の長所をアピールして採用されたらどういったことをしたいのか、御社で何ができるのかを精一杯アピールしましょう。可能であるならばブランク期間の経験が活きることもアピールしましょう。

理由の説明

過労で体調を崩したという理由や何か病気を患ってブランク期間が発生したという人は面接時には必ず今は問題なく元気に働けることをアピールしましょう。面接官はあくまでも採用するために病気でブランクになっている期間の説明を求めていますので、現在は回復していることを元気にはっきりと答えることで面接官が納得できるように回答しましょう。
家庭の事情でブランク期間を持っているという人も同様に、現在は就業に際して問題がないことをアピールしましょう。介護離職などのケースは現在どういった状況だから就業に問題がないのかという点まで説明しましょう。介護保険サービスを利用しているからなどの理由を説明することで、面接官も就業に問題ないと納得することができます。家庭の事情でのブランクがある場合も、病気を理由にブランクがある場合も、どちらも現在就業に問題ないのかを納得してもらえるための説明ができるかどうかが大切です。

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP