ブランク期間が不利にならないように

ブランクがあると本当に不利なのか

ブランク期間とは履歴書や職務経歴書に記せる内容がない期間のことを指しますが、このブランク期間には人それぞれ様々な理由があります。語学留学で海外に行っていたり、資格試験のために勉強していたり、家庭の事情によって休職をしていたりと様々です。しかし理由を問わず働いていない期間はブランクとして扱われてしまうことは避けられません。そして仕事復帰を考えたときにどうしてもこのブランクの期間について聞かれることは避けることができません。このブランク期間は不利に働いてしまうのかどうかということについて説明します。
転職活動や再就職活動においてブランク期間が長期に渡っている人はなおさら不安になるかと思いますが、この不安な気持ちから再就職活動を避けてしまいより長引かせてしまうという悪循環に陥ることもあります。そのためまずはブランク期間は不利にも有利にもなり得るということを理解しておきましょう。

ブランク期間を有利に持っていく

転職活動は自分が今持っているアピールポイントを最大限に活用していくしかありません。そのアピールポイントが有利になるのか不利になるのかは状況によって異なりますし、一概に全てのアピールポイントが有利になるとは言えません。そしてブランク期間は職務経歴上の空白期間であるだけで、目的を持って何か活動をしていたのであればそれは不利にはなりません。
例えばブランク期間が海外に遊びに行っていたという場合でも、海外で英語を覚えて帰ってきていればそれは十分アピールポイントになります。また身内の介護によってブランクが空いているのであれば、介護職へと再就職を考えればそれはかなり有利に働かせることができます。すなわちブランク期間でも意味を後付けでも良いのでつけることができれば決して不利になるというものではありません。

前向きに捉えること

ブランクがあったとしても自分自身でその期間を肯定的に捉えて前向きな姿勢でいることが重要です。自分自身でブランク期間を肯定的に考えることができなければ、そのブランクは相手にとってもただの空白として伝わってしまいます。ブランクがあったからこそ自分の強みができたと考えて、自信を持ってブランクについて説明しましょう。中途採用では即戦力を求める求人も多くありますが、年齢が若ければポテンシャルを重視されることもあります。そのため自分自身の能力をブランクによって伸ばしたことをアピールできるようになりましょう。

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP