復帰して働くまでの方法を一挙紹介!

復帰して働くまでの方法を一挙紹介!

復帰してから働くまでの方法がわからないという人のために、復帰してから働くまでの道のりについて解説します。ブランク期間があることでマイナスに働いてしまうと捉えるのではなく、ブランク期間が自分にとってどういったものであったのかを前向きに捉えることで仕事への復帰につながりやすくなります。仕事復帰をするためには仕事を見つけなくてはいけませんので、求人の見つけ方と履歴書の作成について紹介します。また、面接時にブランク期間の上手な受け答えについてもご参考ください。

  • ブランク期間が不利にならないように

    • 復帰して働くまでの方法を一挙紹介!

    ブランク期間はどうしてもマイナスになってしまうと考えてしまいがちなので、ブランク期間を自分自身で否定的に捉えてしまう人が多くいます。しかしブランク期間は全て不利になるわけではなく、状況によっては有利に働くこともあるということを理解しましょう。例えば介護離職をしてブランクの期間に介護をしていたという人は、介護職の求人にはとても喜ばれるブランク期間となります。育休も同様に実際に子育てをしたという経験は保育士の求人を考えれば不利になることはありません。

    つづきへ
    ブランク期間が不利にならないように
  • エージェントのサポートがあれば安心

    • 復帰して働くまでの方法を一挙紹介!

    転職エージェントはブランク明けの人にとっては嬉しいサービスが多くあります。そんな転職エージェントのメリットの1つにスケジュールの調整があります。スケジュールの調整はブランク明けの人に多い育休明けの場合などには特に重宝します。まだまだ小さい子供ですので体調の急変などはよくあることですが、それが面接当日などにあっては応募している企業に電話をするなどは少し億劫です。しかし転職エージェントを通していれば転職エージェントの担当に説明することでスケジュールを調整してもらうことができます。

    つづきへ
    エージェントのサポートがあれば安心
  • ブランクと志望動機をリンクさせる

    • 復帰して働くまでの方法を一挙紹介!

    履歴書を作成する際には最も肝心となる志望動機の欄をて丁寧に考えて書く必要があります。ブランク期間のある人はこの志望動機に自分のブランク期間の説明を織り交ぜて書くことが大切です。資格取得のために勉強をしていたのであればどのような資格を取得するために何をしていたのかを書き、それが志望動機につながるように書きます。もし志望動機とうまくつなげることができないのであれば、テンプレートを参考にどういった書き方をすると上手につながるのかを考えてみましょう。

    つづきへ
    ブランクと志望動機をリンクさせる
  • 面接では正直に伝えよう

    • 復帰して働くまでの方法を一挙紹介!

    面接官は採用するために面接を行っており、応募者を落とすために質問をしているわけではありませんので、あくまでも納得のいく説明ができるかどうかが大切なポイントになります。逆に嘘をついてブランク期間を説明してしまうことで、違和感を持たれてしまうと納得のいかない説明につながり不採用となってしまうこともあります。ブランク期間を説明する際には何があったのかを正直に説明して、そのブランク期間をどう考えているのかを堂々と説明することが大切になります。

    つづきへ
    面接では正直に伝えよう

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP