ブランク可のお仕事で社会復帰!

注意しておきたい病気休養から社会復帰して働く時のポイント

NEWS

病気の場合は健康第一で

病気からの復帰

なんらかの病気が原因で会社を休職していたり仕事を辞めたという人でも社会復帰を目指している人は多いと思います。特に家庭のある人などは収入のためにも早く復帰したいと考えているかもしれません。社会復帰して仕事をしたいと考えている人に向けて、復帰のタイミングや時期、復帰後の仕事の行い方といった注意点を紹介します。

治療が第一を忘れない

仕事がどれだけ忙しかったとしても仕事によって治療がおろそかになってしまうことが一番危険です。仕事は生活をしていくためにもとても大事ですが、あくまでも生活の一部でしかありません。仕事が全てではありませんのでまずは治療が最優先であることを忘れずに復帰を考えましょう。

仕事の理由について

職場の人間関係や難しい内容の仕事など、仕事をしていればストレスとは切っても切れない関係になります。忙しさのあまり気が滅入ってきたら別の病気になってしまう可能性も十分にあります。仕事が忙しい時ほど前向きな思考を忘れずに、なぜ自分は働いているのかをよく考えてみましょう。収入があれば自立した生活ができ、生活を安定させることもできます。また、働いているということで社会の一部として社会貢献しているという充足感や何かに所属しているという安心も感じることができるはずです。

具体的に対処する

仕事をしていて困難な状況に陥ったときにはその状況にあった対処をする必要があります。しかし抽象的な対処法では難しいため具体的な対処法を知っておく必要があります。たとえば、今まで担当したことのない仕事が振られたとしましょう。その時に自分には難しいと考えるのではなく、具体的にどうすべきなのかを明確にするのです。
ステップバイステップ形式で最終目標のためにまずは何をすべきなのか、明らかにしていきます。仕事の納期が1週間後であれば、明日は過去にその仕事を担当したことのある人に連絡を取り、その次の日には実際に会って話を聞いてみる、など一週間の間にできることはたくさんあります。現状のできないことに悩むのではなく、次に何をすべきかについて悩みましょう。

仕事と家庭を両立する

病気で仕事を休んでいる間は家族とゆっくり過ごす時間もあるかもしれませんが、復帰をすると仕事に時間を取られて家にいる時間が少なくなるため、バタバタとした生活になってしまいがちです。そのため家庭との両立を難しく感じてしまうこともあるでしょう。困難な時は無理をせず周囲に協力を求めましょう。それが難しいのであれば、適度に手を抜いて完璧を求めないように心がけましょう。

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP