ブランク可のお仕事で社会復帰!

注意しておきたい介護離職から社会復帰して働く時のポイント

NEWS

介護離職からの復帰は周囲の協力が必須

介護離職後の社会復帰

介護離職をした後の社会復帰対策が今後の日本では重要視されています。働き盛りで介護離職をした場合には介護が終了した後も社会復帰をすることが可能です。介護離職をした後に、社会復帰をするために介護をしている間から社会復帰を目指して対策を考えておきましょう。

介護中から準備を始める

介護のために仕事を辞めてしまうことで介護を自分自身で全て負担しようと意気込んでしまいがちです。しかしそうして全てを背負うことを考えてしまうと身体的にも精神的にも大きな負荷がかかってしまいますので、介護に追い詰められてしまうことにつながりかねません。そのため介護をする時には週に1回から2回介護保険サービスを利用しましょう。
介護保険サービスで介護のプロに任せることでその間は自分の休息にあてることができます。自身の行っている介護についても適切なアドバイスを受けることができるため、介護に迷っている箇所などを見直すことができ、安心して介護をすることができます。
介護をしている最中は仕事のことを考えないということはあまり良いことではありません。介護をしている時もいつでも社会復帰ができるように準備を整えておくことが大切です。復職支援セミナーに参加する時間や資格取得などを目指す時間はありますので、自身のスキルアップのためにも時間を有効に使いましょう。時間は介護保険サービスを利用することでさらに余裕を持った時間配分でスキルアップをすることができますし、スキルアップをしておくことで何か機会があったときにすぐに復職をすることができます。介護と両立できる仕事に再就職するきっかけになることもあります。

一人で抱えない

仕事復帰する際に気をつけたいことは「一人で悩まないこと」です。親に育ててもらったという気持ちから親の介護を全て自分で行おうと考える人が少なくありませんが、介護は一人で全てできるほど簡単ではありません。親の面倒を他人に見てもらうのは申し訳ないと考えて、一人で全て抱え込んでしまうと心身が疲労してしまい、介護を受ける側だけでなくする側にも悪影響が出ることが多くあります。

地域の人と顔見知りになっておこう

介護離職をして仕事復帰をする際に気をつけたいことの一つに地域の人と関係を築いておくことがあります。
仕事をする間は親と離れることになります。その間に何が起きるかはわかりませんので、いざという時のためにも地域の人とコミュニケーションを取っておくことは安心につながります。町内会長や民生委員がいると思いますので、今後のためにも顔見知りになっておきましょう。

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP