状況別!ブランク明けで注意すること

状況別!ブランク明けで注意すること

ブランク明けで仕事に復帰すると今までの生活リズムから大きく変化することになります。これは仕事復帰をする場合にほぼ全ての人に共通していることになりますが、仕事に復帰する状況別で気をつけたいことも多くあります。例えば産休を取っていて出産後に仕事復帰をする人であれば、今まで通りの家事を行うことが難しくなるということは気をつけておきたい点となります。このように状況別でブランク明けで注意したいことについて紹介していきます。

  • 出産後はシミュレーションが重要

    • 状況別!ブランク明けで注意すること

    長く仕事を休んでいると仕事をしていた時の生活リズムから大きく変わっているため、仕事復帰をすることでいきなり時間に追われるような生活に感じてしまい、体がついてこないということがあります。出産後に働き始めるためにはまずタイムスケジュールをよく考えることが大切になります。また今までは家にいる時間が多かったため大変に感じることが少なかった家事や育児も、仕事が始まることでその感覚が大きく変わることがありますのでパートナーと適切な役割分担をすることも大切です。

    つづきへ
    出産後はシミュレーションが重要
  • 介護離職からの復帰は周囲の協力が必須

    • 状況別!ブランク明けで注意すること

    介護離職から仕事復帰をするには介護中に準備を始めておくことが大切になります。復職支援セミナーや資格取得など、介護保険サービスを利用することで時間を作って準備をすることもできるので、介護中にスキルアップをしておくことも考えましょう。また介護をするためにも仕事に復帰するためにも介護の資格は取得しておいて損はありませんので、迷ったら介護の資格を視野に入れてみましょう。仕事復帰を考えれば地域の人との関係づくりが大切になりますので、周囲の協力を得られるような関係を作っておくことも大切です。

    つづきへ
    介護離職からの復帰は周囲の協力が必須
  • 病気の場合は健康第一で

    • 状況別!ブランク明けで注意すること

    病気から仕事を復帰するにあたって気をつけなければならないことは、健康第一であることを忘れないことです。仕事がどれだけ忙しかったとしても、仕事によって治療がおろそかになってしまうことはとても危険なことです。そのため仕事は生活の一部であって全てではないということを理解して、健康あってこその仕事であることを忘れずに仕事に復帰しましょう。また仕事をしていて困難な状況に陥ってしまった時には抽象的な解決方法ではなく、具体的な解決方法を考えて行動しましょう。

    つづきへ
    病気の場合は健康第一で

現在働いている人も必見!

特集記事

PAGE TOP